院長ブログ

糖化は老化 (糖化とは?)

2013年2月8日

 

「糖化」とは食事から摂る「糖分」と体内のタンパク質が反応し

タンパク質本来の機能を低下させてしまう現象です。

糖化による糖化産物(AGEs : Advanced Glycation Endproducts)の生成と蓄積は、

 

1)肌の老化(コラーゲンへの蓄積で肌の弾力低下→シワ、シミ、くすみ)

 

2)骨の質の低下(骨のコラーゲンに蓄積。骨がしなやかさを失う)

 

3)動脈硬化(血管内膜への蓄積で、血管は硬くなり、内腔は狭くなる)

 

4)糖尿病の合併症(毛細血管の動脈硬化で神経障害、眼球の網膜障害、腎機能障害)

の他、多くの臓器が傷害を受け、身体全体の老化につながると言われています。

 

よく知られる「酸化」以上に、私たちの健康を脅かす事が最近わかってきました。

 

「酸化」がサビなら「糖化」はコゲ。

 

糖化は、私たちの肌も身体も老けさせるのです。 ☆うきゃーん☆ の画像

 

“糖分の取りすぎは美容の大敵”と知りつつも

“太る”“ニキビが出来る”程度だと考えていないでしょうか?

 

この「糖化」こそが、美容や健康のために

今後最も注意しなくてならないとも言われています。

 

糖化ストレスは、酸化や精神的なストレス、免疫力低下

乱れた生活習慣などとも深く関わっています。

 

そのため、糖質を控えるような食事への改善だけでなく

総合的に坑糖化を進める事が大切です。

 

 

次回はその対策です。 ☆うきゃーん☆ のデコメ絵文字

imgres

 

 

 

 

メール・お電話によるお問い合わせ

03-3637-1851

受付時間

  • 月・火・水・金

    9:00 ~ 18:30
  • 木・土

    9:00 ~ 12:30
お問い合わせフォーム

メール・お電話によるお問い合わせ

受付時間

  • 月・火・水・金9:00 ~ 18:30
  • 木・土9:00 ~ 12:30
お問い合わせフォーム