院長ブログ

パスポート

2013年3月5日

家族のパスポートを作ろうと

各自の名前をローマ字表記にしたところ

長男の名(凌)はRYOなのかRYOUなのか?と迷いました。

問い合わせてみると

RYO,RYOU,RYOH の全ての表記が出来るとのこと

しかし、コレは最初だけで今後一生変更が出来ないと言われてしまうと

考えてみないと…。 考える人 の画像

 

ググってみると、同じ事に悩む方いらっしゃいました。

そこにはチョット面白いことが書かれていました。

 

RYOH , RYOUを選ぶメリットはないとのこと。 *モノクロ* の画像

日本語では音の長短が重要なので、「りょ」と「りょう(発音はりょー)」

には明確な違いがあるが、欧米言語( とくに英語 )では長短は

さほど重要ではなく、むしろアクセントの位置に違いが現われると。

たとえば、欧米人には「 おじさん 」と「 おじいさん 」の区別がつかず

音の長短に意味がないので、この両者の聞き分けができないのだそうです。 びっくり のデコメ絵文字

 

我々の感覚では不思議ですが

彼らにしてみれば L と R の聞き分けができない日本人も理解しがたいわけで

よって「りょー」を表わすために

わざわざ HやU を付加する意味はほとんどないのだそうです。

また、RYOH と表記した場合、日本人は「 りょ の長音 」を期待します。

つまり、当然に りょー と読まれると思うけれど

このスペルを見た欧米人には、ライオー と読む人も少なくないそうです。

RYO だったら、ライオ になることはありませんが

H が付くことで読み方が変わこともあるのですね。

 

なーるほど! ビックリ の画像

と思った今日でした。

 

写真は昨年のちびっ子トライアスロンに出場したときのものです。

32549-03703-0003

メール・お電話によるお問い合わせ

03-3637-1851

受付時間

  • 月・火・水・金

    9:00 ~ 18:30
  • 木・土

    9:00 ~ 12:30
お問い合わせフォーム

メール・お電話によるお問い合わせ

受付時間

  • 月・火・水・金9:00 ~ 18:30
  • 木・土9:00 ~ 12:30
お問い合わせフォーム
病気にならない健康な生活を さあ、はじめよう予防医学病気にならない健康な生活を さあ、はじめよう予防医学