院長ブログ

お酒と筋肉の関係

2013年5月9日

お酒と筋肉の関係の話です。  えんぴつ のデコメ絵文字  筋肉 のデコメ絵文字

飲み過ぎはいけないとわかっているがやめられない。

また、トレーニングで汗を流した後にちょっと一杯・・・・。

そんな時は、アルコールが筋肉に与える影響についてちょっと考えてみて下さい。

お酒を飲みすぎれば体を壊すというのは誰でも知っていると思いますが

実は筋肉にも直接的な影響があるんです。

アルコールが筋肉に与える主な影響は次のようなものです。

○ 筋肉の成長を阻害

筋肉を成長させ、大きくするホルモンにテストステロンというものがあります。

これはいわゆる男性ホルモンなのですが

アルコールを飲むとテストステロンの分泌量が下がってしまうんです。

またアルコールを飲むとコルチゾル(コルチゾン)という物質の分泌量が増えますが

このコルチゾルには筋肉を分解する働きがあります。

つまり、筋肉を大きくする物質が減り、筋肉を分解する物質が増える

結果、トレーニングの効果が出づらくなる。

という悲しい結果を招いてしまうわけです。 ショック のデコメ絵文字

もちろんちょっと飲んだだけで全てが台無し、という訳ではないのですが

大量に飲酒した場合、タンパク質を合成する力が40%以上も低下するというデータもあるので

飲みすぎれば深刻な影響が出ると考えられます。

○ 内臓のオーバーワークを引き起こす

トレーニングで筋肉を疲労させれば、それを回復させるために内臓にも負担がかかります。

どんなに普段トレーニングしている人でも

時にはまとまった休みを取るほうが良いと言われていますが

これは内臓の疲労を取るためでもあるんです。

そして、アルコールを分解する時にも内臓に負担がかかります。

つまり、体が疲れているや内臓に疲労が溜まっている時に飲みすぎれば

内臓はオーバーワーク(働きすぎ)状態になり

疲労回復を邪魔してしまう可能性があります。 キモカワ のデコメ絵文字

それでもお酒が飲みたい!というお酒好きな人は

出来るだけ筋肉に悪影響が無いように気をつけて飲みましょうね。

今日は午後は休診なので、これからバイクトレーニング。

終わったら、ビール! ビール! (笑)  ビール のデコメ絵文字

メール・お電話によるお問い合わせ

03-3637-1851

受付時間

  • 月・火・水・金

    9:00 ~ 18:30
  • 木・土

    9:00 ~ 12:30
お問い合わせフォーム

メール・お電話によるお問い合わせ

受付時間

  • 月・火・水・金9:00 ~ 18:30
  • 木・土9:00 ~ 12:30
お問い合わせフォーム
病気にならない健康な生活を さあ、はじめよう予防医学病気にならない健康な生活を さあ、はじめよう予防医学