院長ブログ

夏バテの原因と対策

2013年7月10日

暑いですね。急に暑くなりました。

暑くて、頭にくる程暑いです。暑い のデコメ絵文字

この暑さに体調を崩されている方も多いと思います。

もうすでに「夏バテ」というのでしょうか?

この「夏バテ」と切り離して考えられないのが、「冷房病」です。

冷房が自律神経の失調を促し

これが体調を崩すことは良く知られています。

今回は、この “冷房による自律神経の失調” について掘り下げてみます。

体温を調節するのは自律神経の役割です。

例えば身体が「暑い」と判断した場合

自律神経は皮膚表面の血管を拡張させるように命令します。

ここで血液は冷却水のような役目をし

体表に血液がいっぱい流れることによって放熱が大きくなり、体温が下がるのです。

「寒い」と感じた場合はその逆で、自律神経は血管を収縮させるように命令を出し

放熱は抑えられて体温がキープされるようになります。

自然界において急激に温度変化が起こるということはありえません。

ですから、人間が耐えられる急激な温度変化は、せいぜい5度程度に留まるとされています。

しかし冷房の効いた室内と、酷暑の室外との温度差は10度を超えることも稀ではありません。

つまり、この急激な温度差が問題なのであって

通常は外気と室内の温度差を5度以内に保つのが賢明だと言えそうです。

そして身体が慣れてきたところで、だんだん室内の温度を下げていけば良いわけです。

また狂った自律神経を正常な状態に戻すには、入浴が効果的です。

熱い湯だと交感神経が興奮してしまい、かえって逆効果なのですが

ぬるい湯にゆったりと浸かるようにすれば副交換神経が優位になり、リラックスを促進します。

特にお勧めなのは半身浴です。 ブタ。生活習慣。お風呂。半身浴 のデコメ絵文字

胸まで湯に浸かると水圧の関係で肋骨が圧迫され

息苦しくなって長く浸かることができません。

みぞおちまで浸かる半身浴で、温度を37~8度に設定し

30分くらい本でも読みながらゆったりとした時間をすごしてください。
これで副交感神経が優位になり、食欲なども回復してくるはずです。

しかし、暑い。。。  溶ける のデコメ絵文字

メール・お電話によるお問い合わせ

03-3637-1851

受付時間

  • 月・火・水・金

    9:00 ~ 18:30
  • 木・土

    9:00 ~ 12:30
お問い合わせフォーム

メール・お電話によるお問い合わせ

受付時間

  • 月・火・水・金9:00 ~ 18:30
  • 木・土9:00 ~ 12:30
お問い合わせフォーム
病気にならない健康な生活を さあ、はじめよう予防医学病気にならない健康な生活を さあ、はじめよう予防医学