院長ブログ

甘い物とむくみ、そして冷え

2013年12月9日

大学生のA子さんが冷え症とむくみを主訴に来院されました。

色白でやせている女性で、足が浮腫んで冷えると言います。 寒い の画像

 

腹証や所見から当帰芍薬散を処方しましたが

多少改善はあったのですが期待する程ではないとのことです。

 

60台後半のT美さんは変形性膝関節症を主訴に来院されました。

膝の痛みと、膝に水が溜まるため、定期的に整形外科で水を抜いてもらっているそうです。

この方も腹証や所見から防巳黄耆湯を処方しましたが、同じくぱっとしません。 痛い のデコメ絵文字

 

ですが、このお二人に共通することがありました。

お二人とも、大の甘い物好きということです。 ケーキだよ。ショートケーキ のデコメ絵文字 

 

食事中にはジュース。1日に1.5リットルのジュースを水代わりに飲み

食後は必ず、甘いあんこの和菓子やケーキ

食事を抜いてでも、甘いお菓子を食べているそうです。

 

そこでこれらを控えてもらうように指導すると

2ヶ月後には冷えや浮腫み、関節内にも水が溜まりにくくなりました。

 

白砂糖は、薬膳では適量であれば効果的に作用します。

強いストレスが続いたときなど、甘い物を食べると

緊張がゆるみ、落ち着くことを経験した方は多いと思います。

 

しかし、接種し続けると体内に「湿」を生み

「水毒」から、むくみや冷え、関節水腫を悪化させてしまう事があるのです。

 

何事もほどほどですね。 動物 デコメ絵文字

 

メール・お電話によるお問い合わせ

03-3637-1851

受付時間

  • 月・火・水・金

    9:00 ~ 18:30
  • 木・土

    9:00 ~ 12:30
お問い合わせフォーム

メール・お電話によるお問い合わせ

受付時間

  • 月・火・水・金9:00 ~ 18:30
  • 木・土9:00 ~ 12:30
お問い合わせフォーム
病気にならない健康な生活を さあ、はじめよう予防医学病気にならない健康な生活を さあ、はじめよう予防医学