院長ブログ

IRONMAN Japan 2014 ②

2014年9月4日

朝には雨も上がっていました。

 

スタート前の緊張は、いつになっても同じです。

口から心臓が飛び出しそうとはこのことでしょうか?

 

プワーーーーーーーー !!!! 

 

スタートです。

 

湖なので波はなく

昨日の試泳で水の冷たさは体験していましたので問題有りません。

まあ、始まってしまえば何も感じないというのでしょうか?

 

洞爺湖に張られたブイの周りを2週回。

途中風が出てきて流されそうになりましたが、試泳で決めておいた目印を頼りに

なんとか流されないように踏ん張りました。

 

それでも終わってみれば手元の時計できっかり4.0km。

あと、3~4分縮められたかな。

 

0786_032994

 Swin (3.8km) 1:19:25 (遅っ!!)

 

バイクパートはアップダウンがきついことは聞いていたので

最初の湖畔の平坦な道は、上げすぎず、ガマンガマン。

 

30km最初の給水所を過ぎたあと

 

キターーーーーーッ !!!

 

ココからアップダウンの始まりです。

9~10位しか出ないところから

最高速度70km/hrの下りまであり

それはそれは楽しませていただきました(大汗)。

 

0786_015336

 

辛そ…..。

 

0786_011521

Bike (180.2km) 6:53:02 (遅….。) ショック のデコメ絵文字

 

いつもはランパート前は

あ~~あとフルマラソンで終わりだ~~!

となるのですが

今回ほど辛いバークパートを経験したことがなく

始めて途中でやめよう、やめたら楽になる、なんでこんな辛いことやってんだ、やめ…..。

と何度も頭をよぎりました。

 

しかし、始まってしまえばケツまくりました。

やるっきゃないでしょ。

 

ランは平坦な洞爺湖沿いを2周回。

ゴール付近を通るときは声援がアツいのですが

1回出て行ってしまうと声援なく寂しい。

 

それでもエイドステーションのボランティアの方や

対向を走る仲間達と声を交わし、踏ん張ります。

 

2周目に入るとあたりも暗くなり始め

寂しさ倍増。

 

でも、あともう少し、あともう少し、あともう少し…。

と自分に言い聞かせ前に進みます。 

 

ゴールの灯り、ゴールアナウンスが聞こえるようになるとテンションmax!

ナンだよ!走れんじゃん!!ってな感じで、足が進む進む。

 

先にゴールした仲間達の顔が見え、どこからともなく

「お父さん頑張れ!!」の声。

 

やめてよ、こんなところで。

ぐぐぐわーーーっと こみ上げる物が

(汚い物がこみ上げたのではない。感情ね 感情。)

 

最後の折り返しが終わると、残り100m。

 

ゴール前、みんなとハイタッチをしながら進む。

 

You are an IRONMAN !!!

 

なんとか かんとかゴール出来ました。

 

goal

Run (42.2km) 4:55:58 (恥…。)  恥ずかしい デコメ絵文字

 

Total 13:23:10

 

ゴール写真からも

こりゃ参った ! これ以上 ムリッ!! 感が伝わってきます。

 

辺りも真っ暗だし、タイムも全く納得できないし

タダ完走しただけ、というレースでした。

 

なめていたんだろうな。いい経験しました。

 

しかし

頑張ってトレーニングした、準備をしたことは決して無駄にはなっていないと思います。

 

絶対 来年に繋げます。繋げてやる。

 

 

 

 

さあ、とりあえず ビール ビール。 ビール デコメ絵文字

 

おしまい。

 

 

 

 

 

メール・お電話によるお問い合わせ

03-3637-1851

受付時間

  • 月・火・水・金

    9:00 ~ 18:30
  • 木・土

    9:00 ~ 12:30
お問い合わせフォーム

メール・お電話によるお問い合わせ

受付時間

  • 月・火・水・金9:00 ~ 18:30
  • 木・土9:00 ~ 12:30
お問い合わせフォーム
病気にならない健康な生活を さあ、はじめよう予防医学病気にならない健康な生活を さあ、はじめよう予防医学