院長ブログ

1)肉体疲労

2015年12月22日

 

 

1)肉体疲労

 

文字通り、カラダを酷使した結果 ”疲労” を感じます。

動きすぎたわけですから、休めば回復するはずですが

睡眠だけでは回復しきれない疲れは毎日少しづつ、少しづつ蓄積していきます。

 

 

 

 

 

ではどうすればいいのか?

 

 

 

 

それは、カラダの機能が低下した疲労状態から回復するまでの “リカバリー期” を

どのように過ごすかが重要となります。

 

 

 

 

このリカバリー期に適切な休養(アクティブレスト)がとれると、

れまで以上のパフォーマンスを発揮できる、これがいわゆる「超回復」です。

 

 

 

 

アクティブレストとは ”積極的に休む” のではなく

一定のリズムで繰り返せる運動を

“楽である”から“ややキツイ”と感じるライトな運動強度で行うことです。

アクティブレストを行うタイミングは、疲労後 24時間~48時間が理想です。

 

 

 

 

一定のリズムとはつまり、有酸素運動のことをさします。

有酸素運動を行うと、酸素を含んだ血液が筋繊維に流れ、各細胞への供給が促されます。

結果、疲れがとれやすくなるのです。

 

 

 

 

運動後の疲労から回復までのリカバリー期にこの運動を20~40分行うと

後の回復力がグンと高まります。

 

 

 

 

 

疲れた時ほど ”休まないこと” が肝心なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 images

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、違うって … 。人の話聞いてる?

 

 

 

 

 

 

 

 

また つづく … 。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メール・お電話によるお問い合わせ

03-3637-1851

受付時間

  • 月・火・水・金

    9:00 ~ 18:30
  • 木・土

    9:00 ~ 12:30
お問い合わせフォーム

メール・お電話によるお問い合わせ

受付時間

  • 月・火・水・金9:00 ~ 18:30
  • 木・土9:00 ~ 12:30
お問い合わせフォーム