院長ブログ

レーシック

2016年10月12日

 

 

今年初めに左目の網膜剥離で手術をしました。

もちろん経過は順調だったのですが、視力が戻りません。

 

どうやら、剥離した部分が悪かったようで

視力回復ができないのは 近視ではなく、乱視が原因だったようです。

 

こればかりはどうしようもないらしく

剥離手術の回復を待って、レーシックをすることを考えていました。

 

 

 

一般的にレーシックは近視矯正の手術として知られていますが

乱視、老眼もレーザーで治療できます。

 

 

 

 

実は、私はド近眼で、過去に2回レーシックを受けています。

ですので、今回もう一度手術を受けられるか心配だったのですが

OKをいただき、ほっと胸をなで下ろしました。

 

 

しかし、この手術方法が おったまげー なんですが 

 

 

eye_01

1)点眼麻酔を行い 

eye_02

 2)レーザーで角膜を切って

 

eye_03

 3)缶切りみたいに角膜を開き、レーザー照射

 

eye_04

4)フタを戻す

 

 

消化器外科医としてはメン玉を切っちゃうっていうは発想に

フニャフニャと力が抜けちゃうんですが

10年で120万症例以上という実績を信じて、手術に望みました。

 

 

 

手術時間は5分ぐらいでしょうか?

待合室で待ってた時間の方が遙かに長かったです(笑)。 

 

翌日の検診でも

左目の視力は、0.4から1.0まで回復しています。

 

しばらく、スイムはできませんが

この先の生活(トライアスロン人生(笑))を考えると

タイミングは今でしょ(古)。

 

 

 

もう手術はこりごりです。

 

 

 

 

 

 

あ、鎖骨のプレート外すんだった。

 

 

 

 

 

おったまげ〜〜!

 

d6106c19cdaa36a

 

 

 

おしまい。

 

 

 

 

 

 

 

メール・お電話によるお問い合わせ

03-3637-1851

受付時間

  • 月・火・水・金

    9:00 ~ 18:30
  • 木・土

    9:00 ~ 12:30
お問い合わせフォーム

メール・お電話によるお問い合わせ

受付時間

  • 月・火・水・金9:00 ~ 18:30
  • 木・土9:00 ~ 12:30
お問い合わせフォーム