ミネラル&有害金属検査

体内のミネラルバランスや、ミネラルに含まれる"有害金属"は、ヒトの生命維持に大きく影響があります。未来のためにいまの体内ミネラル状況を調べましょう。

ミネラルの重要性・有害金属の毒性について

人間の身体は60種類以上の元素で成り立っており、"主要元素"と"ミネラル(無機質)"の2つに分けられます。"主要元素"は酸素、炭素、水素、窒素からなり、全体の96%を占め、残りの4%を"ミネラル(無機質)"が占めております。このわずか4%のミネラルがバランスよく存在していない場合、健康を維持することも生命活動を維持することもできなくなるのです。

不足しても摂り過ぎてもダメ!バランスが大切

ミネラルは健康維持に欠かせない重要な役割をしておりますが、適量以上を摂っていると過剰症になり、様々な障害があらわれます。たとえばナトリウムを摂りすぎると高血圧や動脈硬化、脳卒中などの原因になります。

また、リンを摂りすぎるとカルシウムの吸収を阻害し、カルシウムを摂りすぎると鉄やマグネシウムの吸収を阻害します。このように、それぞれのミネラルはバランスがとても大切なのです。

摂りすぎると吸収を阻害する関係にあるミネラル

過剰摂取 吸収を阻害される
リ ン カルシウム
カルシウム 鉄・マグネシウム・亜鉛
ナトリウム カリウム
亜 鉛 鉄・銅
マンガン
モリブデン

体に障害をもたらす有害金属

ミネラルといっても全てが体にとっていいものではありません。中には「有害金属」と呼ばれる、身体に様々な障害をもたらすミネラルがあります。例としましては水銀、鉛、カドミウムなど・・・。大量に水銀を摂れば水俣病を、大量にカドミウムを摂ればイタイイタイ病を引き起こします。さらに「有害金属」は酵素反応を阻害し、「活性酸素」を作り出すこともわかっています。「有害金属は」身体にとっては毒なのです。

主な有害金属の毒性と侵入経路

有害金属 主な毒性 主な侵入経路
アルミニウム 痴呆・アルツハイマー アルミ鍋・食品添加物・海藻
アンチモン 脱毛・皮膚乾燥 医薬品・日常食品
ヒ素 皮膚がん・肝機能障害・酵素阻害 農薬・海藻類・排気ガス・殺虫剤
バリウム 不整脈・震え・神経系に影響 殺虫剤・医薬品
ベリリウム 慢性ベリリウム疾患・発がん性 電気部品・歯科合金
ビスマス 中枢神経障害・腎障害 化粧品・医薬品
カドミウム 腎障害・骨軟化症・イタイイタイ病 タバコ・白米・玄米
水銀 中枢神経障害・水俣病 大型魚類・深海魚
精神神経系障害 水道管・印刷インキ
タリウム 心臓麻痺・呼吸困難 印刷インキ・絵具・塗料・農薬

オリゴスキャンについて

Oligo Scan検査機器を手のひらの4箇所にあてるだけで、わずか3分ほどで体内の必須・参考ミネラル20元素と有害金属14元素が測定できます。髪の毛や爪を切ったり、血液を抜いたりする必要はありません。

測定はルクセンブルクにある開発元データベースに
即座に送られ、分析されて約1分で戻ってくる画期
的なシステムです。このようにオリゴスキャン検査
は、今現在のあなたの体内のミネラル状況が短時間
で判明する検査です。

01.

有害重金属14元素と必須ミネラル&参考ミネラル20元素を測定

オリゴスキャンは、手のひらを吸光光度法によりスキャンする事で、組織や血管壁に沈着している有害金属14元素と必須ミネラル+参考ミネラル20元素を非侵襲・迅速に測定します。

02.

測定結果を待たせません

手のひらをスキャンした情報は即座にインターネット経由で、高度なセキュリティー保護された開発元のデータベースへ送信・解析され、わずか数分で測定結果がPDFレポートとなってお手元のパソコンに届きます。

03.

測定原理

オリゴスキャンによる組織中微量元素測定に用いられる方法は吸光光度法です。吸光度または化学物質の光学温度測定で構成される定量法による測定です。すべての化学物質化合物は、光の吸収・蛍光または反射など特有の波長を有しており、より多く対象物が存在している場合、ランバートベールの法則に従い、より多く光の吸収が得られます。

吸光光度法は、科学、薬学、環境、食品加工業、生物学、医療/臨床、材料、化学光学など非常に広い分野で用いられています。臨床検査分野においても、血液や組織の臨床診断に吸光光度法が使用されます。オリゴスキャンは特殊なスキャニング技術と膨大なデータベースによって、吸光光学法により短時間で正確な測定を実現しました。

04.

測定項目

有害重金属14元素 必須&参考ミネラル20元素
Alアルミニウム Cdカドミウム Caカルシウム Zn亜鉛 Moモリブデン
Sbアンチモン Hg水銀 Mgマグネシウム Fe Iヨウ素
Ag Niニッケル Pリン Mnマンガン Liリチウム
Asヒ素 Pt白銀 Siケイ素 Crクロム Geゲルマニウム
Baバリウム Pb Naナトリウム Vバナジウム Seセレン
Beベリリウム Tlタリウム Kカリウム Bホウ素 S硫黄
Biビスマス Thトリウム Cu Coコバルト  

測定結果と検査後の対策について

レポートの結果から、足りないミネラルはどう補給すればいいのか、必要ない重金属はどう体外へ排出すればいいのか、摂取しないようにするにはどういった点を注意すればいいのか、今後どういった対策を取ったらいいのかをご説明いたします。

料金について

¥15,000(税別)

ご不明な点がございましたら、当院まで、お電話またはメールにてお問い合わせください。

tel:03-3637-1851 受付時間[月・火・水・金:9:00~18:30 木・土:9:00~12:30]

お問い合わせフォームへ

メール・お電話によるお問い合わせ

03-3637-1851

受付時間

  • 月・火・水・金

    9:00 ~ 18:30
  • 木・土

    9:00 ~ 12:30
お問い合わせフォーム

メール・お電話によるお問い合わせ

受付時間

  • 月・火・水・金9:00 ~ 18:30
  • 木・土9:00 ~ 12:30
お問い合わせフォーム