酸化度(サビつき度)検査

老化を促進し、がんは勿論、病気の8割は活性酸素が原因と言われています。今から自身の「酸化度」を知り将来の健康のために対策を始めましょう。

酸化について

私たちは吸い込んだ酸素で食べたものを燃やしてエネルギーに変えて
いますが、酸素の一部は体内で活性酸素に変化します。

その活性酸素は毒性が強く、ウイルスや細菌をやっつけてくれる反面、
健康な細胞を酸化し、サビつかせ、細胞を傷つけます。

このように「酸化」を進行させることを、「サビつき」といいます。

サビつきによる病気・症状・状態

  • 老化
  • がん
  • 動脈硬化(脳卒中・心筋梗塞など)
  • 高血圧
  • アルツハイマー病
  • 胃腸障害
  • 気管支炎喘息など

酸化度(サビつき度)検査は、尿中の8-OHdGを
測定することで、体の「酸化度」を測定します

DNA酸化ストレス8-OHdG

8-OHdGは、過剰な活性酸素・フリーラジカルによりDNAが酸化損傷を受け、DNA中のデオキシグアノシンという成分が酸化され、生産されます。

DNAが修復される過程で細胞外に排出され、代謝・分解されずに血液を経て、尿中に排出される代表的な酸化ストレスマーカーです。

8-OHdG(尿検査)測定の特徴

  1. 尿検査なので痛くない
  2. 専用機器で短時間に結果が得られる

測定結果と検査後の対策について

「尿中8-OHdG」を測定することによって、あなたの
酸化ダメージがわかります。

検査結果から食事指導を含めた、これからの酸化度対策を
ご説明いたします。

料金について

¥10,000(税別)

                   

ご不明な点がございましたら、当院まで、お電話またはメールにてお問い合わせください。

tel:03-3637-1851 受付時間[月・火・水・金:9:00~18:30 木・土:9:00~12:30]

お問い合わせフォームへ

           

お問合せ・ご予約はコチラから

まずはお気軽にお問い合わせください

03-3637-1851

9:00~18:30(木・土 12:30まで) 休:日・祝