院長ブログ

YouTube版:遅延型フードアレルギー検査

2022年6月1日

遅延型フードアレルギーは、「食物そのものが原因となる場合」と「腸のバリア機能の破綻が原因となる場合」の、2つの反応があります。

「食物そのものが原因となる場合」では、原因となる食物だけ強く反応し、そのほかの食物にはほとんど反応しません。

「腸のバリア機能の破綻が原因となる場合」では、ほとんどの食物に対して一定以上の強い反応が見られ、リーキーガット症候群と深く関わりがあります。つまり、遅延型フードアレルギー検査は、リーキーガットの有無を知る検査でもあるのです。

お問合せ・ご予約はコチラから

まずはお気軽にお問い合わせください

03-3637-1851

9:00~18:30(木・土 12:30まで) 休:日・祝