胃カメラ等の検査

胃カメラ等の検査

胃カメラ等の検査

鼻からの内視鏡は「オエッ」という嘔吐感が少ない!

内視鏡検査を受けられたことのある方なら良く分かると思いますが、検査の最中に「オエッ」という吐き気を催すことがあると思います。しかも検査の前には胃の中を空っぽにしておくため、吐くものがなく余計に苦しいのです。
これは、舌の付け根の舌根という部分に内視鏡がふれることで咽頭反射が起こることが原因です。
いままでは患者さんはこれをひたすら耐えるしかなかったのです。これに対し、アクアメディカルクリニックが行う、経鼻内視鏡は、鼻から挿入した内視鏡は鼻腔を通って食道に入って行き、舌根にふれることがないので咽頭反射はほとんどありません。
それでも反射が強い患者さんには麻酔を使うことによって寝てる間に検査を行うことも可能です。その際にはお申し付けください。

鼻から挿入する前に

のどの麻酔(咽頭麻酔)は一切しません。そのかわり、鼻の痛みを抑えるための鼻の麻酔(鼻腔麻酔)を行います。左右の鼻、どちらでも結構です。
まず、鼻の通り道(鼻道)のむくみを取るために、血管収縮剤を鼻腔にスプレーして鼻道を広くします。また、これにより鼻腔の毛細血管が収縮して、鼻出血の予防にもなります。

話しながら検査が受けられる

鼻から挿入する経鼻内視鏡検査の大きなメリットの一つにしゃべれることがあげられます。当然ですが、口から内視鏡を挿入すると、口がふさがれてしまうためしゃべることができません。
当医院では、検査の最中に積極的に患者さんに話し掛けます。患者さんも検査中自由にしゃべることができるため、医師からの問いかけにもしっかりと応えることができます。
つまり医師と患者のコミュニケーションが生まれます。
「いっしょに確認をしましょう。気になるところはありますか?」という日常会話を通して、緊張していた患者さんも徐々にリラックスしていく様子が良く分かります。
患者さんにしゃべってもらうことで、信頼関係も生まれ、安全な検査にもつながります。また体感時間も短く感じられる効果があるようです。

早期胃がんやポリープ検査に

早い時期に検査することにより、胃癌などの微小な病変に対しては完治可能の症例が多数見受けられます。
今後患者さんの負担を減らしながら、早期癌やポリープなどの検査をしていくことができる画期的な検査法として現在主流となりつつあります。

メール・お電話によるお問い合わせ

03-3637-1851

受付時間

  • 月・火・水・金

    9:00 ~ 18:30
  • 木・土

    9:00 ~ 12:30
お問い合わせフォーム

メール・お電話によるお問い合わせ

受付時間

  • 月・火・水・金9:00 ~ 18:30
  • 木・土9:00 ~ 12:30
お問い合わせフォーム