有機酸検査を受けると何がわかるの?

医学の祖、ヒポクラテス(460〜370 B.C.)の
「All disease begins in the gut」(すべての病気は腸から始まる)という有名な言葉があります。

有機酸検査は、主に腸内細菌が出す「有機酸」を調べることで

  • 1)腸内環境の乱れや
  • 2)細胞のエネルギー産生工場である「ミトコンドリア」の機能
  • 3)神経伝達物質や
  • 4)体内の解毒機能など

一般的な検査ではわからないような検査結果から、その人の体調不良の原因を探ることができます。

お問合せ・ご予約はコチラから

まずはお気軽にお問い合わせください

03-3637-1851

9:00~18:30(木・土 12:30まで) 休:日・祝

有機酸検査とは?

腸内環境を見ることができる尿検査です。
人は色々なものを食べ、身体の中でそれらの物質を代謝します。

有機酸とは、代謝の過程で使われる化合物であり、腸内環境の改善やエネルギー生産、細胞の維持・修復に携わっています。
代謝された有機酸のごく一部は体の外に尿として排泄されます。
有機酸検査は、この代謝された有機酸の種類と量を測ります。

検査では、以下のような状態に陥っていた場合に、通常では見られない有機酸が検出されます。

  • ・ビタミンやミネラルの欠乏
  • ・代謝不全
  • ・酵素機能不全
  • ・腸壁の損傷
  • ・免疫機能の低下による胃腸内の酵母菌やバクテリアの過剰繁殖
  • ・環境毒素への曝露
  • ・炭水化物の過剰摂取

尿中の75項目の代謝物マーカーを測定することで、体内で起こっている細胞レベルの微小な異変・身体の機能・栄養素の状態を調べることができます。

有機酸検査で分かる症状・疾患
症状
  • ・下痢、便秘
  • ・慢性疲労
  • ・消化不良
  • ・偏食
    (無性に甘い物を欲しがる、など)
  • ・手足の冷え
  • ・エネルギー不足
  • ・アレルギー
  • ・動悸、不整脈
  • ・不安感、イライラ感
  • ・記憶障害
  • ・睡眠障害
  • ・幻覚、妄想
  • ・聴覚過敏
  • ・関節痛 など
疾患
  • ・発達障害
    (自閉症スペクトラム、ADHDなど)
  • ・うつ病
  • ・慢性疲労症候群
  • ・神経症
    (不安障害、強迫性障害など)
  • ・低血糖症
  • ・甲状腺機能低下症
  • ・過敏性腸症候群
  • ・炎症性腸疾患
    (潰瘍性大腸炎、クローン病)
  • ・リーキーガット症候群
  • ・膠原病子宮内膜症
  • ・チック障害 など

有機酸検査で分かること

有機酸検査の料金
初診料 5,000円
再診料 4,000円
検査費用 30,000円

※30分ごとに2,000円
※料金は全て税抜です

有機酸検査の流れ

①初診

カウンセリングを行います。検査についての流れなどはこのときに詳しくお伝えします。

②検査当日(ご自宅)

朝一番の尿を採取し、ご自宅から冷凍のまま検査センターに送ります。

③再診

検査結果は約4週間後にでるので、その頃に再度受診していただきます。検査結果について詳しくご説明いたします。

有機酸検査の注意事項

・女性の方は、生理中の尿の採取は避けてください。
数値が正確に反映されません。

・サンプルが薄まるのを避けるために、前日の午後9時以降は水分を摂取しすぎないようお気をつけください。
尿の色は黄色く(濃い色で)なければ検査はできません。

・以下の食品類は検査24時間前から接種を中止してください。
りんご、なし、ぶどう、グランベリー
アラビノガラクタン→増粘剤などの食品添加物で「AG」との表記もある
エナセチア→日本名ムラサキバレンギク。ハーブティーなどに含まれていたりする
D-リボース→エナジー系のドリンクに含まれることが多い
霊芝→キノコの一種で、ダイエット系サプリに含まれることが多い

お問合せ・ご予約はコチラから

まずはお気軽にお問い合わせください

03-3637-1851

9:00~18:30(木・土 12:30まで) 休:日・祝