漢方内科

漢方内科

漢方内科

アクアメディカルクリニックでは、より患者様に合った診療を行うために、西洋医学的な治療に偏ることなく、漢方内科(漢方治療・漢方薬処方)にも力を入れております。

漢方医学について

西洋医学は解剖学、生理学、生化学といった科学を基礎にしていますが、漢方医学は陰陽五行、臓腑経絡、気血津液、生薬学を基礎に成り立っている医学です。

未病

「病院で検査してもらったけど、どこにも異常が無いと言われた」という経験はありませんか?西洋医学をベースとした検査では原因が特定できないような場合でも、東洋医学では「未病」と言われています。
「未病」とは体が警告を発してる状態です。未病の状態を放置してしまうと後から深刻な事態になるかもしれません。

漢方内科の治療

漢方内科の治療は、年齢、性別、体質や体調など様々な要素を考慮し処方いたします。
その人に合った最適な漢方薬による治療が可能です。

漢方内科に適した症状

虚弱体質
疲れやすい、食欲不振、下痢しやすい、風邪を引きやすい
高齢者
腰や膝の痛み、足のしびれ、足がつりやすい、トイレが近い
女性の悩み
冷え症、月経に伴う症状、不妊、更年期障害、むくみ
お肌の悩み
にきび、肌荒れ、しみ、脱毛症
ストレス
イライラ、睡眠障害、気分の落ち込み、胃痛
アレルギー
喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎

漢方薬の紹介

五苓散(ゴレイサン)
余分な水分を体に溜め込んでいる状態(水毒)から、体内の水分バランスを整える作用があります。二日酔い、口の渇き、めまい、吐き気、強いむくみ、頭痛、下痢、急性胃腸炎などに効果がみられる漢方薬です。

呉茱萸湯(ゴシュユトウ)
手足や胃腸の冷えをきっかけに起こる頭痛・吐き気に対して、胃腸を温めて症状を改善する作用があります。慢性的な下痢・嘔吐・月経前症候群(PMS)にも効果がみられる漢方薬です。

釣籐散(チョウトウサン)
朝に起こる頭痛、帽子をかぶっているような頭重感、日内血圧変動が大きい方、後頭部の鈍痛などに対して、脳の血管を広げて血流を改善する作用があります。体内の水分バランスを整える作用もあるので胃腸が弱い方の頭痛やめまい、耳鳴りにも効果がみられる漢方薬です。

川芎茶調散(センキュウチャチョウサン)
風邪や頭痛に対して、血行を改善して痛みを鎮める作用があります。生理不順や更年期障害などにも効果がみられる漢方薬です。

芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)
月経困難症、ホルモン異常症、こむらがえり、筋肉痛、筋肉疲労による腰痛やぎっくり腰などに対して、筋肉の緊張をやわらげて症状を改善する作用があります。胆石や尿路結石による痛み、生理痛にも効果がみられる漢方薬です。

小青竜湯(ショウセイリュウトウ)
鼻水、アレルギー性鼻炎、花粉症、気管支喘息などに対して、発汗を促し体内の水分バランスを整えたり、咳やアレルギー症状を抑える作用があります。アレルギー性結膜炎にも効果がみられる漢方薬です。

消風散(ショウフウサン)
皮膚のかゆみ、湿度の高い時期のじゅくじゅくした湿疹やアトピー性皮膚炎などに対して、湿潤をとる、炎症を抑える、排膿を促すなどの作用があります。皮膚疾患に効果がみられる漢方薬です。

西洋医学ではなかなか治らない症状でお悩みの方は、一度ご相談ください。患者様お一人おひとりにあった漢方治療をご提案します。

お問合せ・ご予約はコチラから

まずはお気軽にお問い合わせください

03-3637-1851

9:00~18:30(木・土 12:30まで) 休:日・祝