Content

がん早期発見検査

尿中N1,N12-ジアセチルスペルミン測定を行います。
初期段階でのがん発症を検出、治療効果の測定や経過観察中の患者状態を把握することができます。

がんについて知っておきたい5つのこと

1

がん細胞は毎日できている

2

がんの出来る原因は細胞のミスコピー

3

発見できるサイズから急成長する

4

初期症状がほとんどない

5

がんは不治の病ではない

全体で5割、早期発見の段階で治療を開始できれば9割程度が感知できる時代となりました。医学が発展した時代では「がん=不治の病」ではないのです!

尿中N1,N12-ジアセチルスペルミン測定について

尿中のジアセチルスペルミンを測定することで
誰もが気軽に受けられる新しいがんリスク測定

尿中N1,N12-ジアセチルスペルミンは前立腺がんをはじめとした種々の尿路悪性疾患、大腸がん、乳がん、肺がん、骨髄性白血病などのがん細胞が増殖するに従って上昇することが報告されています。比較的進行度の低いがんに対する陽性率がCA19-9やCEA等の腫瘍マーカーより高い傾向が確認されております。

尿中N1,N12-ジアセチルスペルミンはがん進行の初期段階でがん発症を検出する汎用性があり、治療効果の判定や経過観察中の疾患状態を把握するための補助として有効な手段の一つとなる可能性があります。

尿中ジアセチルスペルミン測定の特徴

1

総合的ながんリスクを評価

2

尿検査なので痛くない

3

専用機器で短時間で結果が得られる

尿中ジアセチルスペルミン測定

「尿中ジアセチルスペルミン検査」は新しいがん検査です

「尿中ジアセチルスペルミン」は新しいがんリスク測定検査です。

近年の腫瘍マーカーでは、がんの早期発見には不十分でした。

尿中ジアセチルスペルミンは新しいがんマーカーとしての有用性が
注目されています。

尿検査

「尿中ジアセチルスペルミン検査」の料金について

11,000円(税込み)

※保険適用外(自費診察・検査)

ご不明な点がございましたら、当院まで、お電話またはメールにてお問い合わせください。

ジアセチルスペルミン検査(がん早期発見検査)