肛門科

肛門科

肛門科

痔疾患の場合、多くは薬による治療や生活習慣の改善などで治すことができますが、薬での根治が難しいと判断された場合には手術などによる治療が必要となります。さらに精密な検査が必要と判断した患者さんには専門の医療機関をご紹介いたします。

肛門科での検査

問診

肛門疾患の診断においては、症状などを正確に把握するために問診が大変重要になります。
肛門科を受診される患者さんでは、不安感や羞恥心などから市販薬を使用し自己流で治療しているケースが見受けられますが、正しい検査や治療のためにもまずは受診の際の問診から詳しく症状を伺って、患者さんの不安と取り除くと共に診察・治療を進めております。

肛門/直腸指診

肛門から指を挿入し、肛門と直腸を触って診察します。
これは基本的な診察方法で、肛門の疾患で来院されたすべての患者さんを対象に行います。

肛門鏡

肛門に診察器具を挿入し、肛門内を直接見て診察します。
当院では電子肛門鏡を設備しておりますので、患者さんご自身にその映像をご覧いただけます。施行しの際には、その映像を見ながら詳しい説明を受けることができます。

メール・お電話によるお問い合わせ

03-3637-1851

受付時間

  • 月・火・水・金

    9:00 ~ 18:30
  • 木・土

    9:00 ~ 12:30
お問い合わせフォーム

メール・お電話によるお問い合わせ

受付時間

  • 月・火・水・金9:00 ~ 18:30
  • 木・土9:00 ~ 12:30
お問い合わせフォーム
病気にならない健康な生活を さあ、はじめよう予防医学病気にならない健康な生活を さあ、はじめよう予防医学