スギ花粉症の舌下減感作療法

舌下減感作療法とは?

アレルゲン免疫療法は、減感作療法とも呼ばれ、アレルギーの原因である「アレルゲン」を少量から
投与することで、体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法であり、
アレルギー症状を治す可能性のある治療法と考えられています。
アレルギー症状のある疾患のうち、花粉症・アレルギー性鼻炎・気管支喘息などに対して、
この治療法が行われています。
新しい免疫療法として舌下に薬を滴下する舌下免疫療法が2014年に初めて保険適応となりました。

長期の治療となります

アレルギー症状を治したり、長期にわたり症状を抑えることも可能であり、
完治しない場合でも症状を和らげ、薬の使用量を減らすことも期待できます。
治療を行う前に、問診やアレルギー検査を行い、症状がアレルゲンによるものかどうかの
確定診断が必要です。
治療に関しましては3〜5年の長期にわたって行います。
そして全ての患者様に効果が期待できるものではありません。

アレルゲングラフ

「シダトレン」を使用した治療方法

アレルゲンを含む治療薬(シダトレン)を舌の下に滴下し、2分間保持することで、
アレルギー症状を治療していきます。

注射治療との違い

「シダトレン」について

「シダトレン」は、スギ花粉症に対する舌下投与のアレルゲン免疫療法薬です。
検査でスギ花粉症と診断された成人及び12歳以上の小児対象で治療を受けることができます。
アレルギー治療薬とは違い、服用してすぐに効果が出る薬ではありません。
花粉症の症状を問わず、スギ花粉が飛散していない時期も含め毎日服用します。

服用薬過程

治療のスケジュール

治療日程

スギ花粉が飛散している時期は、新たにシダトレンの治療を開始することはできません。

スギ花粉症であることが確認できたら、シダトレンを2週間かけて徐々に増量し、
その後は一定量を長期間服用します。
初日は医療期間で服用し、2日目からは自宅で服用します。

効果と副作用

国内で行われたシダトレンのスギ花粉症の臨床実験では、ブラセボ(薬の成分の入っていない偽薬)より
有意に効果的でした。
この結果から、舌下免疫治療法はアレルギー性鼻炎に効く治療と考えられます。
これまでの結果では舌下免疫治療法は注射法よりも若干効果で劣りますが、病院で処方される薬での治療よりも
効果があると考えています。
また、舌下免疫治療法を行うと、併用する花粉症の薬の量が少なくできるのも大きな利点です。

シダトレンの効果

長期服薬はしますが、100%改善するというわけではなく、
有効率は70~80%と考えられています

グラフ シダトレンの効果
服用時の注意

服用時の注意

アナフィラキシーという重い副作用が現れることも

アレルゲン免疫療法は、アレルゲンを投与することからアレルギー反応が起こる可能性があり、場合によってはアナフィラキシーが現れることもあります。
そのため、本治療は副作用に対する適切な対応ができる医師のもとで行われます。
また、副作用に対する患者さんの理解も必要です。

アナフィラキシーとは?

医薬品などに対する急性の過敏反応により、医薬品投与後に多くの場合で30分以内で、じんましんなどの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状、突然の蒼白、意識の混濁などのショック症状が現れる事をいいます。

治療を受ける前の心構え

治療開始前の確認事項

確認事項
  • スギ花粉が飛散していない時期も含め、長期間の治療を受けられる
  • シダトレンの服用(舌の下に2分間保持)を毎日継続できる
  • 少なくとも1ヶ月に1度受診することができる
  • すべての患者さんに効果を示すわけではないことが理解できる
  • 効果が終了した場合であっても、その後効果が弱くなる可能性があることを理解できる
  • アナフィラキシーなどの副作用がおこるおそれがあることを理解でき、副作用が起きたときの対応が理解できる

これらをよく理解した上で、治療を開始してください。

注意事項

シダトレンによる治療が受けられない方

次のような方は、シダトレンによる治療を受けることができません

治療が受けられない方確認項目1
  • 花粉症の原因がスギ花粉ではない方
  • この薬でショックをおこしたことのある方
  • 重い気管支喘息の方

シダトレンによる治療に際して注意が必要な方

次のような方は、シダトレンによる治療に際して注意が必要です

治療が受けられない方確認項目1
  • アレルゲンを使った治療や検査、またはスギ花粉を含んだ食べ物によってアレルギー症状をおこしたことのある方
  • 気管支喘息の方
  • 高齢の方
  • 妊婦の方、授乳中の方
  • 抜歯後や口の中の術後、または口の中に傷や炎症のある方
  • 重症の心疾患、肺疾患及び高血圧症がある方
  • 他のアレルゲン免疫療法を受けている方
  • 他に服用中の薬のある方(非選択的β遮断薬、三環系抗うつ薬、モノアミンオキシダーゼ阻害薬(MAOI )など)
  • 全身性ステロイド薬の投与を受けている方
  • スギ花粉以外のアレルゲンに対して反応性が高い方

舌下減感作療法についてのお問い合わせ

舌下減感作療法に関するご予約や
気になる点がございましたら
こちらまでお気軽にお問合せください

下へ

下へ

下へ

メール・お電話によるお問い合わせ

03-3637-1851

受付時間

  • 月・火・水・金

    9:00 ~ 18:30
  • 木・土

    9:00 ~ 12:30
お問い合わせフォーム

メール・お電話によるお問い合わせ

受付時間

  • 月・火・水・金9:00 ~ 18:30
  • 木・土9:00 ~ 12:30
お問い合わせフォーム
病気にならない健康な生活を さあ、はじめよう予防医学病気にならない健康な生活を さあ、はじめよう予防医学